癌とCOPD

7年前同時性重複癌を経験し、現在COPDと共に生きている

呼吸リハと新型コロナ

2020年3月9日(月)
3月5日に呼吸リハビリをしていた病院に行ってきました。ユニークな女医先生が3月
いっぱいで他の病院に移るそうです。2年もいないのに他の病院とは、勤務医は大変
だと思いました。


病院のリハビリセンターがコロナで一定期間休業することになったそうです。
診察では、現在の体調報告と今後のリハビリをどうするかについて聞かれました。
前立腺肥大手術による排尿痛などの後遺症はほぼ無くなりまっしたが、リハビリをい
きなりとなるとまだ自信がない旨を伝えました。
4月末に受診して、その時点での体調でリハビリ開始時期を決めることにしました。


悪い予想が当たり、コロナによって国難になってきました。
コロナが広がるにつれて、国内の人の動きが止まっていきます。さらに、日本人の入国
制限をする国が増えて、ビジネス環境はさらに悪化していきています。


今日は、円が一ドル103円と急激な円高になってきました。円高がこれ以上進むと輸出
競争力が低下してきます。
まさにビジネス環境の悪化と円高というダブルパンチで日本経済はかなり打撃を被ると
思います。
特に、中小零細企業の倒産が大幅に増加する危険性が増しています。


中韓に対して、入国制限をしたら韓国が対抗処置を打ってきました。
まあ、反日が国是の国ですから政府は予想内だと思います。


マスコミや野党は、韓国と比較して日本の検査数の少なさや検査体制についての批判
ばかりです。
私も日本の検査数は少ないと思いますが、やたら検査数を増やすことには疑問があります。
このウイルスに対する医療レベルが同じ程度と思われる日本と韓国なら、両国の死亡者数と人口を基に感染者数の比較は大まかですが出来ると思います。


この感染症は、幸い後遺症が残らないようですから、ある程度の感染者数を超えたら
感染者数よりもしっかりした治療が出来る病床を確保して死亡者をいかに少なくする
ことがもっとも重要だと思います。


この問題に対しては、まだまだ書きたいことがありますが、このブログの本来の主旨
と異なってしまうので、このくらいにしておきます。



×

非ログインユーザーとして返信する