癌とCOPD

7年前同時性重複癌を経験し、現在COPDと共に生きている

無題

2019年9月22日(日)
昨日、スポーツジムに行きました。運動中に胸の圧迫感とふわふわ感があり、調子が良
くなかったです。


番組名は忘れましたが、関口宏が聞き役でゲストをよんで、ゲストが自分の人生につい
て語るという番組を観ました。比較的、好きな番組です。今回のゲストは、東大医学部
を出て東大で長く解剖学を教えてこられた養老孟司氏でした。


関口宏は、張本の「カツ」で有名な左翼コメンテーターばかりを集めたサンデーモーニ
ングで司会をしています。
この番組は、コメンテーター全員が左翼思想者ばかりに偏り過ぎて、はっきり言って嫌
いです。
私見ですが、この手の番組は思想的に右左に偏らない様にコメンテーターを人選して、
考え方の違いに偏りが出ない番組にしてほしいです。


関口氏と養老氏は、共に喫煙家だそうです。関口氏と養老氏は、長く喫煙してきたが、
現在も共に健康であると言っていました。
また、喫煙歴無くても肺癌になる人もいる。或いは、養老氏に至っては、喫煙を否定す
る傾向は、宗教に近いとも述べていました。


禁煙が健康に悪いことは、しっかりとしたエビデンスがあります。
肺に喫煙が悪影響を及ぼすイメージを持つ人は多いと思います。実際、喫煙者は、非喫
煙者に比べて肺癌になる確率は明らかに多いことが証明されています。


しかし、膀胱癌と喫煙の関係を知っている人は少ないと思います。
実は、膀胱癌になる人は、喫煙者は非喫煙者に比べて4倍も膀胱癌になりやすいことが、長年のデータで明らかになっています。


喫煙して、酒も飲んでいても健康で長生きする人はいます。
関口氏と養老氏は、そういう幸運な方なのでしょう。だからといって、禁煙が健康に悪
くない様な発言は、慎むべきです。


以前にも、ブログで私の人生観を「人生は、確率を基にした運で決まる」とのようなこ
とを書いた記憶があります。
この両人は、長く喫煙もして酒も飲んでも健康であるという確率的にも少数派で幸運
な方だと思います。
たばこで健康を失った多くの人達からすると、両人とも親に健康な身体をもえたことに
感謝すべきだと思います。



×

非ログインユーザーとして返信する