癌とCOPD

7年前同時性重複癌を経験し、現在COPDと共に生きている

無題

2019年9月19日(木)


呼吸リハビリ行ったら、趣味の吹き矢教室で知り合い、そこで私が通っている病院を
紹介した高齢の男性と偶然会いました。リハビリをするにあたって必要な検査を受け
るために来院したとのことでした。


年齢は、聞いていませんが、80歳ぐらいに見えます。COPDを何とかしようという気持
ちで呼吸リハビリを受けるということは年齢を考えると敬服します。リハビリが終わって、その老人と喫茶室で話をしました。


病気をしたことなどなんの自慢にならないのは分かっていても老人が集まると病気の話
になるという。私とその高齢の方との会話もお互いの病気の話になってしまいました。
私も様々の病気をしましたが、その老人も前立腺癌、大動脈瘤、その他様々な病気をし
たとのことでした。


病気話で1時間くらい喫茶室に居ました。家に帰ったら、シルバー人材センターから求人募集の封筒が届いていました。
前立腺肥大の手術を11月頃するため見ても仕方がないと思いながらも見てみました。
やはり、私が望む様な仕事はありませんでした。


そういえば、午前中の女医先生の診察で「スポーツジムの様な人工的な運動よりも仕事
をしていた方が体力が付くけど、仕事がないくて」と愚痴みたなことを言ったら、先生
が言うには「子供の世話をする仕事ならあると思いますよ」との返事が返って来ました。
私が子供みたいですから、とても無理ですと答えておきました。
自分が子育て中で困っているのでよう。しかし、本当に面白い医者です。


×

非ログインユーザーとして返信する