癌とCOPD

7年前同時性重複癌を経験し、現在COPDと共に生きている

地震と電気自動車

2021年3月11日 (木)
今日で東日本大震災から10年になります。その日のことを思い出しました。会社で仕事を
していたら大きな揺れがして慌てて屋外に出たました。テレビを観たら東北で大地震が起
きて、大津波の映像が流れていました。特に、津波が陸地目掛けて次々に押し寄せる光景
には驚愕しました。


日本は、世界で一番自然災害が多い国ではないでしょうか。
地震、津波、台風、川の氾濫、大雪があり、自然災害では大きな竜巻がないくらいでしょう。日本人の自然を神とする宗教観や忍耐強い気質は、これらの自然の驚異によって自然
と生まれたように思っています。


私は、震度4以上の地震を経験したことはありませんが、震度4でも怖いものです。地震は、逃げようがない災害であり、本当に人間の力では抗うすべのない災害です。
日頃は日本を美しい国でだと思っていますが、ちょっとした地震があると地震のない国が
羨ましくなります。


今日は、暖かく風も無かったので久しぶりにいつもの川沿いのコースを散歩しました。
息苦しさがあり楽しい散歩ではありませんでしたが、肺の圧迫感が出なかったのことは良
かったです。


最近気になることは、電気自動車です。テスラが時価総額でトヨタ自動車を抜いたそうです。本当に30年後に電気自動車のが主流の時代が来るのでしょうか。
この問題に関しては、トヨタ自動車の社長が多くの問題提起をしています。私もトヨタ自
動車の社長の考えとほぼ同じです。


仮に電気自動車が主流になったとしたら、一番得をする国は中国です。そして、一番損害
を受けるのが日本です。
日本の自動車産業は、ほぼ壊滅状態になるでしょう。電気自動車問題は、将来の日本命運が掛かかる極めて重要なことなのです。


30年後に電気自動車が主流にならないことを願いますが、もし電気自動車時代になってい
たら、日本は自動車産業以外で稼ぐ力を生み出しておく他ありません。
30年後に間違いなく私は生きていないと思いますが、日本人として非常に心配なのです。



×

非ログインユーザーとして返信する