癌とCOPD

7年前同時性重複癌を経験し、現在COPDと共に生きている

オリンピック

2021年6月17日 (木)
私は、気管支の調子が良くなく今年になって殆どブログを更新していないので、見て頂
いている方は僅かしかいません。


ワイドショーを見ているとコロナとオリンピックに関して、政府批判のオンパレードに
嫌気がさして、この問題について私の意見を書かせていただきました。
特に、朝日系のワイドショーは、反論するコメンテーターを呼ばないので、それは酷い
ものです。特に、オリンピック開催については、極端に批判的です。


皆さまのご批判も承知で私のオリンピック開催について意見を書いてみました。
これで、ブログの読者が無くなるかもしれませんが、仕方がないと腹をくくって書いて
みました。


日本は、オリンピックの開催都市競争に勝ち選ばれました。
コロナで前例のない1年延期をIOCにのませました。欧米や南米、インドなどの1日数万人
の感染者が出て、火葬もまともにできない国がありました。


それに比べれば日本の感染者数、死者数は微々たるものだと思います。先ほどの国々の
状況でしたら中止という判断をしても世界は受け入れてくれると思います。


しかし、日本の現在の感染状態で中止したら世界の多くのアスリートや国々から非難され
ることを覚悟する必要があると思います。
日本人は、本来約束を守り、義務を果たすことに誠心誠意努める民族であると思います。
また、世界の多くの国々も日本と日本人に対して同様に感じている国が多数あると思います。


中止した場合、日本が長年に渡って築いてきた日本に対する信頼が失われる可能性がある
と思います。もしかしたら、日本が受けるダメージは想像以上に大きなものになるかもし
れません。


勿論、私も日本人ですからオリンピック開催によって感染が大きく増加することは、絶対
に避けたい気持ちは多くの中止論者と変わりません。


しかし、日本のマスコミ、コメンテーターは、日本のことしか考えていないと思っています。
中止したらブラジルからパリまでの8年間オリンピックに選手は出場する機会を失うこと
になるのです。あまりにも可哀そうです。


無観客であろうと、どんな形であっても日本人の誇りをもってオリンピック・パラリンピ
ックをやり遂げて欲しいと思います。



×

非ログインユーザーとして返信する