癌とCOPD

7年前同時性重複癌を経験し、現在COPDと共に生きている

呼吸リハ

2019年8月2(金)


今日も暑すぎます。とても外出する気になれません。それに肩のコリが残っています。


呼吸リハをしている病院の呼吸内科医がとても面白い女医です。
国立大学の医学部を卒業した呼吸器の専門医ですが、子育て中のためか週2日非常勤
医です。


その先生は、勤務外なのだと思うのですが、リハビリ室でフィットネスバイクを
こいでいる時があります。
呼吸リハの有酸素運動は、フィットネスバイクを使用します。その場合、脈拍、
血中酸素濃度(パルキオキシメーター)が分かる測定する機器を付けて行っています。


先生に肺疾患の無い人のフィットネスバイクをこいでいる時のパルシオキシメーター
の数値の変化の状態を知りたいと話をしたことがあります。


そうしたら実際にパルシオキシメーターを付けてフィットネスバイクをこいでくれま
した。
結果は、97~98の間のふらつきがみられる程度で低下はしませんでした。


ちなみに自分は、その時の体調によって多少変化しますが、フィットネスバイクを
こぐと2~3ぐらい低下します。(例、最初95だったのが、こぐと93に低下)
やはり、COPDである人は、運動負荷を掛けると血中酸素濃度が低下することが分
かりました。



×

非ログインユーザーとして返信する