癌とCOPD

7年前同時性重複癌を経験し、現在COPDと共に生きている

騒音と仏(ホトケ)防疫

2021年1月27日 (水)
年末のブログで騒音トラブルについて書きましたが、まだ騒音が止まっていません。
理事会が数回に渡って、騒音トラブルが複数の住居から苦情があり、騒音に繋がる行為
止めるよう掲示板や出入り口のドアにまで貼って要請しているのですが、無視して続け
ています。解決策が見当たらず、理事会もお手上げ状態です。


コロナ下でステイホームが叫ばれているので、私のマンションだけでなく騒音トラブル
が多くなっていると思います。
他人が出す音というものは、気になりだすと余計に気になるという悪循環に繋がるので、
あまり気にしないようにしていますが、なにか釈然としません。


私が現在日本で最もで優れたニュース系?テレビ番組と思っているBSフジのプライムニュースで面白いことを知りました。
親日で有名な台湾は、世界でもっともコロナウィルス封じ込めたと世界から評価されてい
ます。
その台湾が、日本のコロナウィルスが蔓延している原因に「仏防疫」があると考えている
そうです。そして、日本のことを心配してくれているそうです。


「仏防疫」とは、日本人は皆強制無でも決められたことを守るという性善説にたって極め
て甘い防疫管理をしているというのです。
日本人が日本人を信じすぎていのではないかとも疑問を呈しているそうです。


例えば、空港の検疫で入国後、14日間自主待機をすることが決められていますが、そこに
は守っているかいないかを確認することをしていません。
変異ウィルスが海外から入ってくる危険性がありながら、本人頼みで全く危機感がありま
せん。
厚生大臣は、今後徹約書を書かせるとか、メールで確認するなどの対策をと述べていますが、隔離施設からの外出をそんな甘い対策で阻止出来る分けがありません。


私なら外出して散々他人にコロナをうつしてから罰金を取るよりも、出入り口に門番でも
置いた方が良いと思います。門番の指示に従わなかったら、罰則を科せば良いと思います。
台湾ならスマートホンの位置情報を使って管理するとともに、違反すれば高額な罰金が課
せられるそうです。


私は、以前にもブログで書きましたが、上記の日本人が日本人を信じすぎているというよ
りも左翼系マスコミやコメンテーターと称する人達、日弁連らによって長年に渡り「強制
や罰則」を伴う措置を法律化することに対して高いハードルになってしまったことが、主
な原因だと考えています。


「強制、罰則」という言葉が戦前の日本に戻るという無責任で根拠のない理屈がまかり通
ってきたことで多くの国民が、「強制、罰則」に強い抵抗感を持ってしまったことにある
と考えます。左翼系の人達やマスコミ、組織の意識の中に日本人を信用していないことが
根底にあると考えています。


何か、こ難しいことを書いて申し訳ありません。


×

非ログインユーザーとして返信する