癌とCOPD

7年前同時性重複癌を経験し、現在COPDと共に生きている

旅行に行ってきました

2020年11月1日 (日)
GO TO トラベルを使って、2泊3日で長野方面に車を運転して行ってきました。
松本、安曇野、諏訪湖がメインです。
この辺は、過去数回行っています。そのため、体力に自信がなかったことに加えて、250
K近く運転して、その足で松本城に上るなんてことは考えもしませんでした。


しかし、悪いことに松本城が比較的空いていたのです。妻の強引な圧力に負けて天守閣ま
で登る羽目になってしまったのです。
私の思うには、松本城は白と黒だけの配色の素晴らしさと城の周りを囲む池を下から眺め
るがことが一番だと固く信じています。
松本城は、下から眺めた姿の凛々しさが美しいのです。(正直に言うと、疲れるから登りたくないのです)
松本城は、階段の多さもさることながら、階段の角度が急なのと階段ごとの段差が大きく
てヨタヨタしながらやっと天守閣まで上りました。上りも大変ですが、下りはもっと大変
です。
勿論、お決まりの息切れ付きです。マスクを着けてですから、余計呼吸機能への負担は増
します。


平日ですから、観光客の多くは中高年(高齢者が多い)が占めていました。
皆さん、殆ど人がいない状況でも殆ど方がマスクを着けています。外国人、特にアメリカ
人がこの光景をみたら、良く言えば日本人は防疫意識が強いと思うかもしれません。
反対に悪く言えば、マスク着用が義務付けられた宗教が存在するのではないかとアメリカ
人だったら思うかもしれないと思いました。
まあ、高齢者が多かったのので、その傾向が強かったのかもしれません。


私の日常は、天気の良い日は、散歩をしたり、ラジオ体操第一、第二をほぼ毎日しています。加えて多少の筋トレをしたりして、自分としては、十分ではないかしれないが、それ
なりに鍛えていたつもりでした。
しかし、下半身の筋力の衰えと身体のバランス感覚が衰えていることを、今回の旅行で実
感しました。


退職前は、車通勤をしていたので車の運転には慣れていたつもりだったのですが、3年間
も長時間運転をしていなかったので、急に往復600K近く運転をすることに対して、あ
まりにも甘く考えていたこを痛感させられました。身体だけではなく、頭も含めて疲れは
てたの一言です。


天候に恵まれ、予定は全てこなすことが出来ました。温泉、紅葉も素晴らしく、なまった
身体なので疲れもありましたが、2泊3日の旅行は、充実してとても良かったです。
自分に身体にも自信が付きました。


本当は、バスツアーが一番良いのですが、長時間のバス旅行はコロナ感染が心配です。


GO TO トラベルがあったのも旅行に行った理由の一つですが、それ以上に有効性と安全
性が確信出来、加えてコロナ感染に対する有効性の持続期間が満足できるコロナワクチン
やコロナ治療薬に現時点では、あまり期待が持てないからです。
特に、ワクチンは、あまりにも急いで開発しているので、慎重に時間を掛けて行わなくて
はならない第三層試験の進み具合が早すぎて、非常に心配です。


そういうこともあって、自力で旅行出来る残された年月をコロナ感染を実態以上に恐れて
無駄にはしないことにしました。
私が出来る感染対策をしつこいぐらいやって、活動範囲を徐々に広げていくことにします。


マスクにも様々ありますが、医療用マスク以外は、規格がないようです。
様々な素材を利用してマスク化しています。しかし、本来のマスクの目的は、唾液の飛沫
を低減化することです。


唾液の飛沫を低減化について、医療用ではなくても最低の規格はあっても良いと思います。
唾液の飛沫に対して低減化能力が殆どないマスクを着用した人にコロナに感染させられた
らたまったもんではありません。
マスクとして使うならば医療用でなくても一定の基準が必要ではないかと思います。
私の考え過ぎでしょうか。



×

非ログインユーザーとして返信する