癌とCOPD

7年前同時性重複癌を経験し、現在COPDと共に生きている

マスクと遺言書

2020年8月12日(水)
シャープ製マスクが当選しました。4月下旬に注文してから第16回の抽選でやっと当選
しました。倍率は、100倍だっそうです。


市中には、中国製や東南アジア製のマスクが出回っていますが、現地では駆け込み製造
したためか衛生面や機能面で問題があるものもあり、価格は2倍程度にになりますが購
入することにしました。
大変な時期にマスク製造を決めたシャープへのお礼の気持ちもあります。


昨日は、法務局に行き自筆遺言書の手続きをしてきました。この「自筆証書遺言書保管
制度」という新制度は、今年の7月1日から開始されました。
費用は、3,900円でとても格安です。一応、法務局で50年間保管して頂けるそうです。
遺言書の内容については、ほぼノータッチですが、遺言書の形式 (日付け、署名、押印
の有無など) のチェックをしてくれます。


私は、慎重に記載したつもりでしたが、意外と修正箇所が多くなってしまいました。
書き加えたり、二重線での削除したり、押印してなかったりでかなり修正することにな
りました。
結局、遺言書の保管手続は、1時間半も掛かってしまいました。
やはり、自分だけで使える遺言書を書くことは難しいものだと感じました。


COPDの方は、吸引薬を服用しておられると思います。私の呼吸リハビリをしていた病
院の薬剤師で非常に熱心な方がおられました。
ある日、リハビリを終えたて帰ろうとしていたら、薬剤部に来て頂くよう理学療法士か
ら言われました。


行ってみたら、スピリーバ、シムビコートの吸い方を実践して下さいと言われたのです。
今更と思いましたが、吸引練習用の薬が入っていない容器で、私はいつものように吸引
をしました。
とたんにダメ出しです。私の吸い方が早く強すぎるというのです。


その吸引の仕方では、薬が十分に肺に入っていかないと言われました。
その後も2回程、薬剤師に呼び出され、吸引がしっかりなされているかのチェックをさ
れました。
その薬剤師が言うには、薬の吸引の仕方が悪く、薬の効果が十分に働いていない人が多
いそうです。
皆様も面倒だと思いますが、吸引の仕方を薬剤師等にチェックして頂いたらいかがでし
ょうか。


薬の処方元の大学病院では、吸引の仕方など全く教えてくれませんでした。
そこまで丁寧に何度も吸引の仕方を指導してもらうことは難しいと思いますが、説明書
やユーチューブの動画では、カバーしきれないことも事実だと思います。


呼吸疾患のある人は、コロナや熱中症もあり、益々行動しずらい季節になってきました。
熱中症は、季節が解決してくれますが、コロナは季節に関係なく感染するようです。


日本はワクチン開発で出遅れています。アストラゼネカやファイザーから輸入するのも
仕方ないと思いますが、ある情報ではアストラゼネカはかなり高額を要求しているそう
です。
3相治験を実施するには、数千人の健康な方が必要になるというハードルがあります。
終わりが見えないコロナ問題ですから、出遅れたといえ日本勢にも頑張って開発して
頂きたいと思います。



×

非ログインユーザーとして返信する